省人化機器

物流業界の人的リスクを省人化機器で解決

近年人材不足が深刻化する物流業界では、人件費の上昇による大きなコスト増加や、過重労働による従業員の負担、雇用の離脱のリスクを抱えています。トヨコンでは、センサーとカメラによる自動検品、製品をフィルムで包む自動シュリンク機などで、これまで人が目視、手作業、荷捌きしていた工程を自動化する、省人化機器の導入支援を行なっています。人を中心に捉えながら、周りのモノをどのように動かすかに焦点を当てたお客様の現場環境改善をご提案します。

こんな困りごとを
とことん解決します。

  • 生産性を上げたいけど人手ではもう限界
  • 身体に負担がかかる作業を軽減したい
  • 倉庫新設を機に自動化設備を入れたい
  • ピッキング作業を自動化したいしたい
  • 棚入れ作業を自動化したい
  • ヒューマンエラーで誤出荷が発生している
  • 荷揚げが重労働で人手作業ではつらい
  • 簡単な軽作業をいまだに人がやっている
  • 技術的な業務に集中したい
  • 省人化機器ってなにから始めればいいの?

目視作業によるミスを削減

人による目視作業は、どうしてもミスが発生しやすいもの。簡易的な検品やピッキング作業を自動化することで、人為的ミスを削減できます。

製品搬送や出荷搬送を自動化

ハンドリフトや台車移動など、搬送作業の多くを人手に頼っていませんか。製品に合わせた搬送設備や搬送ロボットで、現場の自動化をご提案します。

大判製品梱包を自動化

二人がかりでの梱包が必要となる長尺や大判製品も、自動化機器の導入で時間と人のコスト削減が可能です。

導入構想から機器選定までご支援

全数検品や作業工程、自動倉庫の検討など、導入構想から機器選定までご提案します。人手に頼る物流工程を、自動化によって改善してみませんか。

関連する記事