物流改善・最適な梱包材選定をしたい人のための情報サイト
とことんブログ

【受賞】2023日本パッケージングコンテスト入賞 

【受賞】2023日本パッケージングコンテスト入賞 

日本の優れたパッケージングとその技術を開発普及することを目的としている、公益社団法人日本包装技術協会(JPI)主催の「2023日本パッケージコンテスト」にて、弊社包装設計課の作品が、工業包装部門賞に入賞いたしました。
入賞作品名は「ロールアームパッド・内装材」です。
この作品は、精密機器を含めた6種の梱包を既存の気泡緩衝材やクッション材の梱包仕様からすべてオール段ボール使用へ変更する目的として開発しました。

内装材「ロールアームパッド」の特徴

※開梱作業性を追求した梱包仕様

①単純に巻き込んで作成する四角のロール構造に曲げを加え、剛性を高めリユース性を高めた
②作業性を向上させるため、上押さえと下押さえを一体化させ開梱時に梱包材の取り出しを不要とした
③内装材のロック部を軽く押すことで自動で上部押さえが開封し(ワンタッチ開封)、製品の取り出しを容易に設計

こちらの特長により、梱包資材費:10%、荷姿サイズ:25%、輸送費:10%、梱包開梱時間:50%の削減を実現。部品点数も3点と最小に抑えられました。
20230912_日本パッケージングコンテスト①.png

2023日本パッケージコンテスト工業包装部門賞受賞

❖ロールアームパッドの画像・詳細はこちら
❖トヨコンの包装設計について
▼包装設計 導入事例記事はこちら
【地味にスゴイ!包装設計】SDGs思考の梱包資材 - 脱プラ編