物流トータルサポートシステム

包装設計

物流トータルコスト視点からの設計

img01

精密機器、医療機器、園芸関係など数千件以上の様々な分野の包装設計実績とノウハウを活かし、物流環境内で製品にかかる振動・衝撃・温度・湿度などの様々なストレスを考慮しつつ、お客様のニーズに適した包装設計を行い、お客様の物流コストダウンを目指します。

【トヨコンの包装設計の考え方】

<包装設計で物流が変わる>

箱のサイズが1ミリ違うだけで、その箱に詰める商品の数が変わってきます。それによって車両やコンテナに積む箱の数も変わります。箱の数が変われば総重量も変わり、さらにその箱が梱包や出荷のしやすい作りであるかどうかによって作業時間にも影響がでます。適正な包装設計を行うことで、包装機能の向上はもちろん、コスト削減や作業効率アップも果たすことができます。
このように私たちは日々、お客様にとって付加価値の高い物流を追求します。

<柔軟な発想でスマートな物流を実現させる>

液体から大型機械まで、どんな分野のどんな形状の製品に対してもベストな包装設計を行います。
多種多様な物流資材を取り扱っているため、1つの素材に限定せず、様々な素材の提案が可能です。
常に新しい発想でお客様の商品に最適なものを選び、改善点を追求して、環境にやさしくコストパフォーマンスの高いスマートな物流を実現します。

<包装設計のポイント>

視点 ポイント 効果
包装資材費 低価格素材選定 材料費削減down
特性を活かした素材選定 品質向上up
省資材化 材料費・廃棄物削減down
梱包資材共通化 ボリュームディスカウントdown
梱包作業費 仕様簡素化 作業効率向上up
輸送費・保管費 サイズコンパクト化 包装資材保管スペース削減down
輸送車輌適応サイズ 輸送積載効率向上up
重量及び入数設定 梱包箱及びPLT収納率向上up

【トヨコンの包装設計ノウハウ】

1mmにこだわる

仮に箱使用量が1,000箱/月の場合、箱サイズ 1mm増=1円増 と仮定すると、その影響は計り知れません。
製品に最適な大きさはどれほどか?トヨコンは1mm単位までこだわります。

VE提案

包装資材の果たすべき「機能」を分析し、最適な仕様をご提案します。
機能とコストの両面から製品保護の価値向上を図り、資材費の低減や資源の有効活用による社会貢献に努めます。

多彩な取扱品目から得た改善着眼点

様々な製品の取扱実績があるからこそできる改善提案。
【取扱実績】
OA機器、医療機器、産業機械、KD部品、アフターパーツ、工場間リターナブル容器など

多素材選定設計

1つの素材に限定しないことで包装材は無限の可能性を秘めます。
ダンボール、クッション製造業ではない為、偏った素材選定は致しません。
ダンボール、木、スチール、PP、PE、PS など、設計ノウハウのあるトヨコンなら あらゆる包装素材の組み合わせが可能です。

サンプル製作

仕様確認用、お客様へのプレゼン用、評価試験用、単品出荷用などの各種サンプルを製作致します。

『ECO-DESIGN』 – 環境にやさしくコストダウン -

物流サービス部は物流を知り尽くしたスタッフが御社の梱包を、素材から見直し、より安く、より環境に配慮したパッケージを提案や地球環境を考えたローコスト包装資材の開発も行っております。
また、少ロット・試作等何でも加工いたします。

お客様のニーズに適した包装設計

例えば、ただ運搬時の製品の包装方法だけでなく、製造・保管時での寸法なども考慮し、且つ使用時にはしっかりとした緩衝性を持たせた構造にするなど、包装材それぞれの特徴を活かし、トータルコストを低減する包装設計を得意としています。

トヨコンの物流トータルサポートシステムによりお客様のビジネスをお手伝い致します。
お悩み・ご相談・ご質問などがございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

頁トップへ戻る

<お客様を「支え」「つなぎ」「守り」新たな価値を創る>

株式会社トヨコン〒442-8546 愛知県豊川市豊が丘町127番地     TEL.0533-84-3191(代)  FAX.0533-84-6577